占い好きのみなさんが悪質な占いサイトに引っかかってしまわないようにする為に是非知っておいてほしい情報をこのサイトで紹介していきたいと思います。

世の中にはいろんなタイプの電話占い師がいるようですね

2016.11.28

世の中にはいろんなタイプの電話占い師がいるようですね はコメントを受け付けていません。

とあるSNSに占い師が集まるコミュニティがあり、占い初心者の私もメッセージボード等をたまに覗いています。様々なジャンルの占い師の方が集まっていて、読むだけでも面白いんですよね。ただ先日、そのコミュニティのメッセージボード上で、何かのトラブル(というか口論)が起こったようです。

意見を交換する中で議論になる事は今までにもよく目にしていたのですが、その口論はとても印象的なものでした。口論をされていたのは、西洋占星術の先生と、四柱推命の先生。口論の争点は、顧客に占い結果を伝える際の占い師のスタンスについて、というもの。

■占い師の先生同士で意見の対立もある
西洋占星術の先生は、「どんなに厳しい結果が出たとしても、顧客がその障壁を乗り越えて希望が持てる様にアドバイスをしたい」。それに対して物凄い勢いで反論をしたのが、四柱推命の先生。「それでもプロか。プロなら厳しい結果は結果としてそのまま伝えるべきで、その後の事は顧客の意思に任せるべきだ」。

たしかこんな感じだったと思います。(口論というよりは、西洋占星術の先生が一方的にかなり厳しく責められている、という感じでしたが;)

■占いの方法による意見の相違
まず、こうした見解の違いは、それぞれの占術の性質の違いから生じるものかもしれませんし、単純に、占い師の個人的なスタンスの違いによるものかもしれません。確かに、西洋占星術の場合には、算出された結果の解釈の幅が定められていない事に対し、四柱推命などの場合にはバシッ!と輪郭がはっきりとした結果が出てくるような印象があります。

でも前述の口論の様子を見ていると、やはり基本的には、「結果の伝え方」というのは各占い師の性格によるのではないかな?と思いました。

■いろんな語り口の先生がいます
西洋占星術で、シビアな結果をそのままバシッと伝えて下さる先生もいますし、逆に四柱推命で、人生相談のように間口の広い優しいアドバイスを下さる先生もいますもんね。プロの占い師に鑑定をお願いする時には、前評判なども確認し、自分を客観視するための辛口鑑定がいいのか、それとも出来るだけソフトに結果を知りたいのか。

その辺りを自分の中で整理してから鑑定を依頼した方が良いかもしれないですね。

関連記事

コメントは利用できません。